目立つ場所にあるいぼを放置しない|皮膚科で治療しよう

病院の種類と選択方法

顔を触る人

種類と病院の選択基準

いぼとは、皮膚にできる出来物のことで、ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染してできるものです。そして、このヒト乳頭腫ウイルスは、100種類以上あり、人から人へと接触により感染します。中には、子宮癌の原因となる種類のものもあり、気を付けなければならないウイルスです。ヒト乳頭腫ウイルスの感染方法ですが、正常な皮膚へは感染することはありません。ところが、傷などがある皮膚には、その間から入り込んで感染し、いぼを作ります。いぼの治療方法ですが、現状では特効薬や特攻的な方法はありません。というのも、いぼには色々な種類があって、患者によっても、発生場所によってもそれぞれ違うからです。そして、人によって効果のある治療方法も違うのです。いぼの治療方法には、まずは、液体窒素を用いた冷凍凝固療法があります。これは、綿棒に染み込ませた液体窒素を患部に押しつけて、その細胞を壊死させるという方法です。いぼの治療方法の中では、最も一般的な方法です。次に、電気焼灼法があります。これは、電気メスを使って患部を焼き取る方法です。そして、患部を焼き取りますので、軽いヤケドのような状態になります。そのために、局部麻酔が切れた後は、少々痛みを感じる場合もあります。次に、グルタルアルデヒドを使用した保険適応外の外用療法があります。これは、グルタルアルデヒドという消毒薬を1000倍ほど薄めてから患部に塗布して、皮膚を腐食させる方法です。次に、ヨクイニン内服療法です。これは、保険治療で使用することができる漢方薬です。そして、漢方薬での治療なので、外用療法と違ってすぐに効果がでるわけではありません。これらのいぼの治療は、基本的に皮膚科にて行われますが、患部のサイズが大きくて目立つものは、レーザーでの治療が行われることがあります。この炭酸ガスレーザーを使った方法は、美容皮膚科や美容整形外科でも行うことができます。そして、高額にはなりますが、いぼをきれいに直したい方は、美容皮膚科や美容整形外科を選択することができます。保険の適用範囲内で治療を行いたい方は、一般的な皮膚科を選択することができます。そして、治療方法も色々ありますので、自分にあった適切な方法を丁寧に説明してくれる病院を選択するのが良いでしょう。

Back to Top