目立つ場所にあるいぼを放置しない|皮膚科で治療しよう

さまざまな種類がある

注射

大きさやできる部位

いぼは適切な治療を行うことによって除去することが可能です。そのままにしておいても自然に治癒するものもあります。自然に治癒するものは良性のもので、感染する恐れのあるものは悪性のものです。見た目だけで判断することは難しいことから、医療機関の受診が必要です。一般的にいぼはヒトパピローマウイルスによって発生します。ヒトパピローマウイルスが身体にできた傷などから侵入することでできます。できる部位や原因によってさまざまな種類があります。最も一般的なものとしては、尋常性疣贅があります。見た目としては円形をしており触った感じは硬く、突き出しています。徐々に大きくなっていくもので手足の関節によく発生します。治療のときにウイルスが皮膚に残っていると再発の可能性もあります。尋常性疣贅と似ているものとして足底疣贅があります。足底疣贅は体重がかかる足の裏に発生します。さらに年齢を重ねることで発生するものもあり、それを老人性疣贅と言います。これは肌の老化現象に伴って発生するもので、脂漏性角化症とも言われているものです。これは見た目だけで判断することが難しい場合があります。顔のフェイスラインなどにもできるのでシミと勘違いする可能性もあります。シミの場合は平らであり、滑らかな状態となっているのに対して老人性疣贅の場合は、周囲と比較して盛り上がっているという特徴があります。また、表面もすこしざらざらしています。また、それだけでなく、皮膚がんの症状である可能性もあることから、老人性疣贅の可能性があるときには自己判断することなく医療機関の受診が大事です。子供が発症しやすいいぼもあります。それが伝染性軟属腫です。一般的に水いぼと言われているもので、いぼの内容物にはウイルスが含まれていてやぶけることでそれが拡散し感染します。プールなどで感染することが多いものです。伝染性軟属腫は免疫力があれば治療をしなくても治癒することができますが、家族がいる場合は感染を防ぐためにも適切な治療を行うことが重要なことであると言えます。

Back to Top